Warning: JavaScript has been disabled on your browser! Some functionality on this site may not work. Here are instructions how to enable JavaScript in your web browser.



お気軽にお問合せください

Mirror Shieldingとは?


何人かの同僚と会議をしてビジネスプランを書いている所を想像してみてください。ビジネスプランをホワイトボードに書き出していき、数日かけて完成させていきます。ということは、夜は、そのままにされており、他の人も見る事もできます。絶対に消えないペンで書かない限り、他の人が来て、消したり、書き換えたりすることもできます。多分、あなたはホワイトボードに、「消さないで」とメモを貼るでしょうが、他の人は、見逃すか無視してしまう事があるでしょう。

一つの方法として、ホワイトボードの上にガラスを貼り付けてしまうという事です。こうすると他の人は、ガラスの上の情報しか、書き換えたり、消したりできませんので、ガラスの下にあるホワイトボードに書いたビジネスプランは守られています​

Mirror Shielding

これは、Mirror Shieldingがどのように動作しているかに関連しています。NeuShield Data Sentinelをインストールすると、直接変更できないように、保護するファイルに保護膜を加えます。アプリケーションが保護されているファイルを変更しようとすると、リダイレクトし、保護膜の上に変更箇所を保存します。これにより元のファイルには変更は加えられていません。後ほど、元のファイルに戻したければ、保護膜の上のデータを削除すれば良いだけです。この保護膜の上のデータを削除することを復元と呼んでいます​

復元​

復元は意図していないファイルの変更を元に戻すのに有用です。例えば、間違えて新しい文章を既存の文章に上書きしてしまった場合などは、元の既存の文章に戻せます。サイバーセキュリティでは、ランサムウェアや悪意のあるマルウェアがファイルを書き換えた場合には、書き換え前のファイルに戻せます。ランサムウェアがファイルを暗号化した場合、暗号化されたファイルは保護層の上に保存され、元のファイルは保護層の中にあるので、変更されていません。ですので、復元を行う事で暗号化されたデータは消去され、暗号化される前のファイルに戻ります​

パフォーマンス

この技術は、ファイルを復元するだけではなく、パフォーマンスにもメリットがあります。バックアップが行うファイルのコピーや復旧よりも、ファイルを消すだけの方が圧倒的に速度が速くなります。NeuShield Data Sentinelは、保護されているデータ容量に関わらずに、データの復元がほとんど即座に行えます​

このやり方は、単にファイルを復元するのが早いだけではありません。保護層の上には変更されたファイルを保存しているので、ディスクに書き込まれますが、実質上は、追加のリソースは不要なので、NeuShield Data Sentinelは、あなたのPCのパフォーマンスに影響を与える事なく、ファイルを保護してくれます​

Additional Articles

Top